探偵社と興信所の違いにわかりやすく解説

探偵社と興信所の違いにわかりやすく解説します!

浮気や不倫、素行や行動、人探し、金銭トラブルやご近所問題、盗聴器、盗撮、ストーカー、結婚や雇用に関する調査などを依頼したい時に迷ってしまうのが探偵社と興信所です。両社とも目的に合わせいろいろな調査を行う調査会社になりますが、調査内容や調査方法などに違いはあるのでしょうか。

 

まず探偵社と言われると探偵がいて、尾行をして調べたい人を追跡したり、証拠を収集するというイメージを持っている方が多いです。探偵による失踪人や家出人を探す人探しなどは有名ですよね。個人情報を収集したり、個人を細かく調べる調査を行うという印象が強いようです。

 

一方興信所は企業情報や信用調査、金銭に関する調査などを行うことが多いです。この他にも体験談で結婚相手の親が興信所を雇って結婚調査をしていましたという書き込みを見かけることがよくあるように、親戚(親族)など家系全体を調べることが多いです。こうしてみると調べられることに違いがあるように感じてしまいますよね。

 

しかし実際には両社が調べること、調べられることに違いはありません。どちらも知識を持った調査員が目的に合わせ情報収集を行うことになります。ですから探偵社と興信所というだけで比べるよりも個々の事業所の話をしっかりと聞いて得意不得意を判断することが大切です。最近ではメールやフリーダイアルで無料相談できる会社などもありますから、まずはご自身のケースを伝えどんな調査ができるのか話をしてみるのがおすすめです。

 

⇒探偵社の無料相談・見積もり依頼窓口一覧